新年2007/01/03 01:24

あけました。昨年は身内に不幸があったのでこのような形で。

昨年はコミケの後、最終の新幹線で大阪に帰りました。
カード会員の特典を利用して、追加料金ゼロで
グリーン車に乗車。写真にある「グリーン料金0」の
券面表示が凶悪に感じられますw

そして、地下鉄新大阪駅のホームの上で新年を迎えました。
途中下車して、今宮戎へ立ち寄り初詣。
おみくじを引いたら…凶でした。
今年やりたいと思っていることは、ことごとくしないほうが
いいというお告げ。
…そうか、油断するなと神様は言っておられるんやな。
そう思って実行します。

元日夜に、Siren鯖でライブを開催しました。
元旦にもかかわらずジュノには数十名のお客様が
集まってくださり、3時間半の長丁場、ゲスト6組という
豪華版ライブも無事終了しました。

今回お招きしたゲストは、
・fろmさん(小ネタ流し)
・Hqshopさん(替え歌)
・しみかずくんさん(内藤ネタ・マクロ系観客一体型)
・シグルドさん(アドリブ系観客一体型)
・コシヒカリさん(1人2アカウント漫才)
・サンドリアマスターさん(語り)

と、一人一人がみんな違う多彩な芸風を見せてください
ました。中盤にネタを休んで見ていた私も飽きない内容
でした。また遊びに来てください。

そして、2日。
初夢は、ある4コマ雑誌の増刊号が新しく創刊して、
それを手にとって読んでいる夢でした…

うーむ…地味!! 何のメッセージか、わからん!!w

それはさておき、今年の抱負。

今年の抱負は、「正直」。

一見当たり前のことのように思えますが、人間、正直に
なることほど難しいものはそうそうないと思っています。
わかっていても、自分が恥をかきたくない、自分を
より良く見せたい、そして何より自分がほかの人より
劣っていたり変に見られることを恐れてしまう。
人間とは多かれ少なかれそういう部分を持つ生き物で
あると感じています。

自分が好きなものを、正直に好きだと言える。
自分が罪や失敗を犯したら、正直にそれを認めて謝罪する。
そして、自分が善か悪かであることばかりにこだわらず、
なぜそのようなことになってしまったか、
自分を正直に見つめて、反省する。

どれも当たり前のようで、出来ない人がたくさんいる。
(オレも、まだまだ出来ているとは思っていませんが)

「周りの人はどうだろうか」ということを第一に置いて、
世間に対して自分を買い被らせないと生きていけない
ようなアタマで生きているからではないでしょうか。

そうして、自分が幸せと感じられるハードルを自ら
高くしてしまうのです。自分を不幸と思っている人は、
自分が相対的に不幸なのではなくて、自分が幸せを
感じられるチャンスを自分で潰しているだけなのでは…?

また、正直者はバカを見る、という言葉がありますが、
それは他人の言動を鵜呑みにしているだけで、正直とは
意味が違うと思います。正直者がバカを見るのではなくて、
「考えない者がバカを見る」のでしょう。

とまあ、少し話は逸れましたが…結局自分を正直に
出せる人が、本当の意味で強い人なのではないか。
それを少しでも目指したくて、今年の抱負をこの言葉に
込めました。

というわけで、長くなりましたが、今年もよろしく
お願いします。

スキー企画と私2007/01/11 21:57

少し遅くなりましたが、毎年恒例山梨スキーツアーに行ってきました。

今回で10回目(たぶん)になる長寿企画ですが、いつものメンバーに
新しいメンバーが少し加わって、滑って転んで滑って滑って焼肉食べて
玉転がして(ボーリング)大喜利で笑って滑って(爆)酒飲んでぶっ倒れて~(笑)
ほんと、遊び満載で今年も楽しかったです。

そして、楽しさの中に本当に大切なものを今回、感じました。
今から10年前の自分を振り返ってみると…

当時のオレは、某雑誌の読者投稿コーナーと、立ち上げたばかりの
会報という場所を利用して、事あるごとに人に近づき、ただただ
仲間を増やそうとしていました。それは己の内面にある空虚さを
満たしたいがためだった、まだそれを自覚していなかったのですが…

普段の自分が社会においてとても無力で空虚で。だからこそ
オフの自分はここにいて、ここに欠かせない人だと認められたい。
他人に必要とされたい。当たり前のようにそう考えて、何の疑問も
持っていませんでした。

自分が楽しいことが人にとっても楽しいはずだと思い込み、
ひとりぼっちになりたくない、孤独に対する恐怖がそれを
掻き立てていた。それを自覚することもできませんでした。
そうして、人との衝突を繰り返していました。
中には決定的な非難を浴びたこともあり、それが何故なのか、
当時のオレは理解できませんでした。
「オレ、イイことしてんのに、なんでこうなるねん!」って。

今、近年の交友関係の変化が、心境の変化も及ぼしています。

他人の意志を無視して、相手と繋がることを強烈に求めながら、
自分の欲のままに動くことが善であることを証明したくて躍起に
なっていたあの頃。あのときの自分は本当に間違っていた。

昨年には、トラブルの根っこにあのときの自分と同じものがあると
感じる出来事を客観的に見る機会もあって、それが自分の確信を
より深めることにも繋がりました。

それでも時には他人の声が気になることもあるけれど、結局それは
なるようになるし、なるようにしかならない。だから、気にしても
仕方ないんじゃあないかって、今なら思えます。
自分は自分、人は人。どちらも、他の何者でもない。良いも、悪いも、
幸せも、不幸も、最後はみんな自分の心が決めているのですから。

今年、いつもの時期にいつもの仲間が集まって、思い切り遊んで
楽しんで。いつものことが、とても嬉しく感じられました。
他人に自分を求めず、自分が素直になることで初めて本当の喜びを
感じることができるんですね。

こんなに楽しい思いをさせてくださって、本当に感謝してます。
ありがとう。